HOME < ビジネスサポート

ビジネスサポート

2017/10/6

熊本税理士サポート  ■税理士コラム ☆★☆会社設立して税理士や会計事務所をお探しなら創業融資・相続税・税務調査の無料相談会をいたします!決算直前の節税や 法人税節税でのお悩みは宮崎税務会計事務所(熊本市 中央区 税理士)へ★☆企業を成長させる資金調達のポイントを優しく解説します!

◆7月から仮想通貨に係る消費税非課税がスタート とは?

●仮想通貨は、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できる。

仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれているが、代表的なものにビットコインがある。

7月1日から、そのビットコインなどの仮想通貨の譲渡に際して、消費税を非課税とする取扱いがスタートする。

●これは、2017年度税制改正で仮想通貨に関する課税関係の見直しが行われたことによるもの。

改正前は、仮想通貨は、購入時・利用時の2回ともに8%の消費税が課されていた。

同改正では、昨年5月に成立した改正資金決済法(2017年4月に施行)において、仮想通貨が「モノ」ではなく「支払手段」として定義づけられたことを受けて、この定義に沿って仮想通貨を非課税とすることになった。

●改正の理由として、資金決済法の改正によって仮想通貨が支払の手段として位置付けられたことを始め、

(1)実態として取引の対価の決済手段として利用されていること、

(2)外為法上の支払手段や資金決済法上の前払式支払手段(プリペイドカード等)などの譲渡については非課税扱いとされていること、

(3) 米・英・フランスなど主要7ヵ国(G7)の中で、仮想通貨に消費税を課しているのは日本だけであること、などが挙げられている。

●これにより、仮装通貨が税務上「モノ」として扱われていた6月30日までは消費税の課税対象、

7月1日以降は「支払の手段」に変わるため非課税扱いとなる。

一夜にして取扱いが変わったので要注意だ。

なお、仮想通貨を譲渡した場合の売上は「非課税売上高」となるが、支払手段の譲渡に係る売上であるため、課税売上割合の計算式の分母には含まれない。

仮想通貨が高騰するなか、税務上の取扱いには十分な注意が必要だ。

☆☆☆☆☆☆☆

☆宮崎税務会計事務所では、金融機関や取引先からの信頼度アップに貢献します。

 銀行融資に有利な「指針リスト表」も、付ける事が可能です!
「中小企業会計指針」に基づく決算を証明するリスト表です。
銀行融資の際に提出すると、優遇が認められます。

★日本政策金融公庫をはじめ地銀から信用金庫とのパイプは強く、幅広いネットワークを生かし、お客様の資金ニーズを支えていく「経営支援型事務所」です。 融資対策や、国が支援してくれる返す必要のない助成金の相談等、

★担保と保証人で最大7200万円! 担保なしでも最大3000万円

雇用促進で1名あたり120万円!

 設備投資で1000万円・・・・

 数々のうれしい実績が出ています。

社会保険労務士、司法書士、弁護士等によるワンストップサービスでパーフェクトなサービスを実現します。

★これまでに業種・規模を問わず1,300件以上の企業様のサポートを手がけてきた実績があります。

これまで培ったノウハウをフルに活かして、今後もお付き合いさせていただくお客様の発展に向けて尽力致します。

宮崎税務会計事務所の無料相談をフル活用して下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ