事務所ブログ

2018/2/17

メディカルニュース

■税理士の医師,歯科医師,医療法人承継税制無料相談会★開業・会社設立から医療法人設立・事業承継・相続税までトータルにサポートします!■医業承継税制の改正医業継続に係る相続税及び贈与税はどう変わるのでしょうか?

■医業承継税制の改正医業継続に係る相続税及び贈与税はどう変わるのでしょうか?

平成26年度税制改正により創設された「医業継続に係る相続税及び贈与税の納税猶予等」(措置法第70条の7の5〜9)の制度、

いわゆる医業承継税制の適用期間が平成29年9月30日で終了することから、平成29年税制改正で適用期限を延長するとともに、内容も改正されました。

現状の移行税制では、持分のある医療法人から持分のない医療法人へ移行する場合、原則として、医療法人を個人とみなして、医療法人が出資持分の放棄により受けた経済的利益について、贈与税が課される。

ただし、一定の要件を充足する場合には、贈与税は課されない、とされている。

今回の改正により、「新認定医療法人」が持分のない医療法人へ移行した場合には、その医療法人に対して贈与税は課されないこととされた。

T 平成26年創設時の制度

▲出資持分ありの法人が、医療法の規定に基づく認定医療法人の認定を受け、出資持分なしの法人に移行するまでの間に相続等が発生した場合には、その出資持分に係る相続税等については、持分なしの法人に移行するまでの間、納税を猶予し、持分なしへ移行が完了した時点で猶予された税額を免除するという制度です。

ただし、持分なしへ移行したことにより(出資者が出資持分を放棄したことにより)医療法人に生じた経済的利益に対しては、一定の要件を満たさないときは、医療法人を個人とみなして贈与税が課される(相続税法第66条第4項が適用される)という問題を抱えた制度でもあります。

*認定医療法人とは、持分の定めのある医療法人が持分なしの法人に移行することを決議し、移行計画について厚生労働大臣の認定を受けた医療法人をいいます。

▲認定医療法人の適用要件は

@総会の決議によること
A移行計画が有効かつ適正であること(として厚生労働大臣が認めたものであること)
B移行期間は3年以内であること の3つです。

そしてこの認定を受けることができる期間は、平成26年10月1日から平成29年9月30日までの間とされています。

▲したがって、この制度を利用するには、平成29年9月30日までに認定医療法人の認定を受け、認定を受けた日から3年以内に持分なしの法人に移行を完了させる必要があります。

△しかし、診療所規模の持分ありの医療法人の場合には、この制度を利用して持分なしへ移行しても、医療法人に贈与税が課されることを回避できず(つまり相続税法第66条第4項が適用されない要件を満たすことができず)、この制度はほとんど利用されていない現状です。

◆ 医業承継税制の改正 U 29年改正

医療法人への贈与税課税への要件緩和を主眼に置いた制度の改正を行い利用の促進を図っています。

■改正の内容

医療法における新たな認定医療法人(新認定医療法人)制度を前提にして、新認定医療法人の要件を満たす限り、医療法人に贈与税課税はしないというものです。

つまり、新医療法人の認定要件については、医療法を改正し、その改正医療法の施行日より平成32年9月30日までの間に認定を受けた医療法人が、持分なしへ移行した場合には、医療法人には贈与税は課さないという措置が講じられました。

▲医療法の改正はまだ成立していませんが、「平成29年厚生労働省関係税制改正事項の概要」に拠れば、新認定医療法人の要件は、現行の3つの要件に、次の要件を追加したものとなっています。

@法人関係者に利益供与しないこと
A役員報酬について不当に高額にならないよう定めていること
B社会保険診療に係る収入が全体の80%以上

そして、持分なしに移行した後6年間上記の要件を維持していること、が確認されることとしています。

つまり、改正医療法施行日から平成32年9月30日までの間に、改正医療法に基づく新認定医療法人の認定を受け、認定を受けた日から3年以内に持分なしの法人に移行したならば、まず第1段階として移行した時点では医療法人に贈与税課税は行われず、その後6年間上記の要件を維持したならば第2段階(最終段階)としても課税はしないということです。

ただし、その間に上記の要件を満たさないこととなった場合には、贈与税課税が行われます。

なお、認定医療法人の要件は追加されることになりますが、医療法人への贈与税課税の要件が緩和されたことから、この制度の利用の主眼が「相続税等の納税猶予免除」から、「医療法人への贈与税課税は行われない」へと移ったといえるかもしれませんが、診療所規模の医療法人においては出資持分の存在はオーナーシップの問題であり、制度の利用に当たっては慎重に検討すべきと思います。

☆ ★ ☆ ★

■開業医の財務分析・節税対策ポイント

▲売上に対する変動費の比率を算定し、売上に対する利益率を計算します。

△毎月かかる固定費と年間で臨時にかかる固定費(例えば賞与など)を織り込み、売上予測から今後の損益予測までを算定します。

▲医療法人の場合、財務分析・予算計画を行うことで、役員報酬を適正に支給することができるようになり、無駄な税金の支払いが防げます。法人のみでなく、社長個人としても適切な節税対策が可能です。

★宮崎税務会計事務所の強み

開業医に「財務分析」を導入し、お客さまのためだけの分析システムを作成いたします。

また、開業医の先生なら誰もが気になる医療法人化についてですが、当事務所では必要に応じてパートナー専門家と融資対策や、国が支援してくれる返す必要がない助成金の相談等、弁護士、司法書士、社会保険労務士、等によるワンストップサービスでパーフェクトなサービスを実現します。

医療法人にはメリット・デメリットがそれぞれありますが、宮崎税務会計事務所では先生方にその意思決定に必要な情報を提供いたします。

開業医の方々は、事業承継や相続対策にもご興味があることでしょう。

その点についても、宮崎税務会計事務所には資産税に強みを持つ税理士・スタッフが在籍しておりますので、安心してご相談いただくことができます。

宮崎税務会計事務所は開業医の先生のさまざまなステージに対応できる「開業医に強い」税理士事務所です。

■税務調査で指摘されない為に医業は、税務調査でよく狙われている業種の一つです。

なぜ医業は税務調査が多いのでしょうか。


■宮崎税務会計事務所の強み

税務調査立会実績100社以上


宮崎税務会計事務所は税務署との調査立会経験が豊富で、また税務署との交渉も数多く手がけてきました。

ときには他の税理士が投げ出した税務調査の立会から依頼を受けることもあります。

税務調査立会の経験と実績が豊富な当事務所であるからこそ、お客様の為にできることがたくさんあります。

「元税務署の職員の税理士だから調査に強い」といった時代はもう終わりました。

税務調査立会100社以上の経験から得たノウハウを生かし、お客様の立場に立って税務署への対応・交渉をさせていただきます。

調査立会への心構えから調査官への説明の仕方等を事前にお話させていただき、お客様の不安を少しでも解消できるように準備・アドバイス致しますのでご安心ください。

単に税務調査に立ち会うだけでなく、お客様の立場に立ってきちんと税務署と交渉のできる事務所を選びませんか。


▲帝国データバンクでは、代表者の高齢化に伴う事業継承がハードルだとみています。

毎日のお金の流れをきちんと整理できる会社は様々な節税ができますし、立派な経営計画にもつながります。

「お金の流れと税法をきちんと整理して‘知って実行する’を実践すれば、キャッシュフローを理解していない病医院や老人福祉事業所ならば大きな効果が得られるかもしれません。」


成長している病医院や歯科医院、老人福祉事業であっても、資金繰りに失敗すれば倒産します。

「会計上(決算書上の)の利益」なるものは所詮机上の数字に過ぎないのです。


日々資金繰りに頭を悩ましている病医院や歯科医院、老人福祉事業の経営者からしたら、キャッシュフロー経営など大企業やコンサルタントのたわごとに聞こえるかも知れません。

多くの中小企業では、否応なく、利益よりも資金に関心が向き、キャッシュフローを意識した経営を求められています 。

宮崎税務会計事務所では、熊本で創業者より40年沢山の病医院や老人福祉事業をフットワークの軽さと財務と会計の力で支えてきました。

税務のセカンドオピニオンサービスも実施していますので、是非熊本の病医院、歯科医院、老人福祉事業所のご相談は、熊本 税理士 宮崎税務会計事務所にご相談下さい

★宮崎税務会計事務所でも、初回無料相談会を2018年2月23日金曜日に開催いたします。



☆電話や、ホームページからお気軽にお問い合わせ下さい。

 



一覧へ戻る